kViewer

機能説明

一般設定

閲覧者に公開するビュータイトルを設定します。公開ビュー画面左上のロゴとFaviconを設定することもできます。ロゴとFaviconはファイルのアップロードもしくはURL指定で設定が可能です。
また、ヘッター部分とコンテンツ部分の背景色を設定することも可能です。「Copyrightの非表示」は、有償申込み後にご利用可能となります。

レイアウト

kintone内の値を表示する「メインコンテンツ」の他、画面上部に設定できる「ヘッダーコンテンツ」、メインコンテンツの横に設定できる「サイドコンテンツ」、画面下部に設定できる「フッターコンテンツ」をレイアウト可能です。これらのコンテンツは固定で内容を設定できます。

メインコンテンツ

リストビュー

ビュー内に設定し、公開するフィールドを選択します。ここではコンテンツの背景色や詳細ボタンの有無、リンクの有無などを設定できます。また、コンテンツそれぞれの文字サイズや文字色など、詳細な設定、並び順の変更も可能です。「その他」の設定では、1ページに表示するレコード件数や、ページネーションのタイプを選択できます。

カードビュー

カードビューのレイアウトを選択し、「コンテンツの設定」で必要なフィールドをそれぞれ設定します。「その他」の設定では、1ページに表示するレコード件数や、ページネーションのタイプを選択できます。

セグメントビュー

セグメントビューのレイアウトを選択し、「コンテンツの設定」で必要なフィールドをそれぞれ設定します。「その他」の設定では、1ページに表示するレコード件数や、ページネーションのタイプ等を選択できます。

サイドコンテンツ

メインコンテンツの横に設定するサイドコンテンツを設定できます。「レイアウト」でサイドコンテンツを含むレイアウトを選択した時のみ、設定できます。コンテンツタイプは「リッチテキスト」か「HTML」から選択できます。

ヘッダーコンテンツ

メインコンテンツの上部に設定するヘッダーコンテンツを設定できます。「レイアウト」でヘッダーコンテンツを含むレイアウトを選択した時のみ、設定できます。コンテンツタイプは「タイトル」「リッチテキスト」「HTML」から選択できます。「タイトル」を選択した場合、「一般設定」内のタイトルをそのまま使用します。

フッターコンテンツ

メインコンテンツの下部に設定するフッターコンテンツを設定できます。「レイアウト」でフッターコンテンツを含むレイアウトを選択した時のみ、設定できます。コンテンツタイプは「リッチテキスト」「HTML」から選択できます。

レコード詳細

レコード詳細に進んだ際に閲覧できるフィールドとそのレイアウトを設定します。静的フィールドとして「ラベル」「スペース」「罫線」「一覧へのリンク」を追加で設定できます。

絞り込み条件

表示するレコードの絞り込みと並び順の設定を行います。検索クエリーでの設定も可能です。

検索クエリーは、kintone REST APIの仕様に準拠します。検索クエリーはサポート対象外です。

検索フォーム

様々な検索条件を持たせたフォームを設定できます。詳細はこちらで紹介しております。

多言語化

日本語の他に、英語、中国語での表示が可能です。ビューにアクセスして来たブラウザの設定している言語で表示を切り替えます。

アクセス制限

公開期間を限定した制限、ID/パスワードを設定する簡易認証での制限、アクセス元のIPアドレスでの制限が可能です。簡易認証に関して詳細はこちらで紹介しております。

フォームブリッジ

フォームブリッジと連携し、レコードの編集をすることができるようになります。フォームブリッジとの連携に関して詳細はこちらで紹介しております。

プリントクリエイター

プリントクリエイターと連携し、レコード内容の帳票出力をすることができるようになります。プリントクリエイターとの連携に関して詳細はこちらで紹介しております。

アナリティクス

Google アナリティクスのトラッキングIDを入力することで、連携が可能です。ページビューの他、「フォームブリッジ」「プリントクリエイター」「ファイルダウンロード」のイベントも取得可能です。

ソーシャル

レコード詳細画面に、FacebookやTwitterなどのシェアボタンを設定できます。

カスタマイズ

独自にカスタマイズしたCSSやJavaScriptを適用できます。