kViewer

kViewerのはじめ方

  1. こちらより、無料お試しの申込みをします
  2. 「kViewerの登録ありがとうございます」というタイトルでメールが届きます。
    本文中の以下の部分をクリックします。
  3. パスワードの設定を行います。
  4. kintoneの認証情報を登録します。接続するkintoneのURL、また、kintoneにログインする際のログイン名・パスワードを設定してください。
    (kintoneでパスワードの変更を行った場合等、認証情報を変更した際は再度ここから設定を行います。)
    その他、Basic認証やクライアント認証が必要な場合は、こちらで設定を行います。
  5. 接続設定完了後、アプリを登録します。一覧ビューを利用したい場合は、「一覧ビューの登録」をクリックします。
  6. kintoneアプリのURL等を登録します。設定が終わったら「登録」をクリックします。
  7. 一覧項目を設定します。一覧項目に表示するフィールドをクリックして選択します。選択後、リストの並び順をドラッグ&ドロップで変更できます。文字の横幅や、横位置などの設定が終わったら「保存」をクリックします。
  8. 詳細項目を設定します。一覧項目を表示した際に「詳細」をクリックすると表示される「詳細画面」の表示項目を設定します。表示するフィールドはクリックして選択します。レイアウトをドラッグ&ドロップで変更できます。設定が終わったら「登録を完了する」をクリックします。
  9. 一覧ビューを公開します。「非公開」をクリックして「公開」としてください。
  10. カレンダービューを利用したい場合は、「カレンダービューの登録」をクリックします。
  11. kintoneアプリのURL等を登録します。設定が終わったら「登録」をクリックします。
  12. カレンダーの設定を行います。設定が完了したら「保存」をクリックします。
  13. 予定をクリックした際の詳細項目の設定を行います。どの項目を表示するかの設定が完了したら、「保存」をクリックします。
  14. カレンダービューを公開します。「非公開」をクリックして「公開」としてください。
  15. グラフビューを利用したい場合は、「グラフビューの登録」をクリックします。
  16. グラフビューの登録を設定します。kintoneアプリでグラフを表示させた時のURLをコピー&ペーストしてください。設定が終わったら「保存」をクリックします。
  17. グラフビューを公開します。「非公開」をクリックして「公開」としてください。