kViewer

準備と利用方法

はじめる前に

kViewer を利用するためには、kintoneの利用が必要です。まだ利用していない方は、こちらより kintone の試用をお申し込みください。

kViewer の試用を申し込みます。こちらよりkViewerの試用をお申込み下さい。kViewerは無料で30日間ご利用いただけます。電話サポートもございますのご安心ください。

準備手順 詳しくはこちらを参照して下さい

  1. kViewer にアクセスし、kintoneとの接続設定をします。
  2. ビューを作成するkintoneアプリを用意します。
  3. 一覧ビュー、カレンダービューまたはグラフビューにkintoneアプリを登録します。
  4. kViewerで表示するビューによって設定項目が変わります。
    一覧ビューの場合:kViewerに表示する「基本設定」「一覧項目」「詳細項目」を設定します。
    カレンダービューの場合:kViewerに表示する「カレンダーの設定」「詳細項目」を設定します。
    グラフビューの場合:kViewerに表示する「グラフビューの登録」を設定します。
  5. 表示するフィールドを選択し、ドラッグ&ドロップで並び順やレイアウトを調整します。
  6. ビューの設定が完了したら、「非公開」をクリックし「公開」に設定します。これでビューを利用できる環境が整いました。

利用方法

  1. ビューは、PCまたはスマートフォンから閲覧できます。
  2. 管理者から配布された公開URLまたはQRコードからビューにアクセスします。

利用例

kViewerを利用すると、kintoneのライセンスを人数分用意しなくても、kintoneに蓄積した情報を誰でも閲覧できるようになります。例えば、「社内規定」「今月の目標」「製品データ」など社内への展開が容易になります。もちろん、「よくあるお問い合わせ」「施設の予約状況」など社内で保有している情報をホームページを通じてお客様にお伝えすることも可能です。上位プランをご契約頂くことで、IDとパスワードを利用してメンバーのみに情報公開ができたり、kViewerロゴを変更できるなどのデザイン変更機能が利用できます。

無料お試しの申込み有償申込み